自宅で南国気分

マンゴーといえば、南国フルーツの代表格です。旬のサンマの保存方法は?

大好き!という方も多いでしょう。

南の国の植物だけに、温室でもないと栽培できないとお思いの方も多いでしょうが意外や意外、ちゃんと寒い時期は室内に取り込めば、家庭でも鉢植えで育てられるそうなんです。

さすがに、ポコポコ実がなったりはしません。

観賞用として育てて果実が一つ二つ収穫できればラッキーといったところでしょう。

けれども、南国の果物が我が家で取れるというのは、夢のようではありませんか?不明な点がありましたらマンゴーへご一報を下さい。

どうせ育てるのならば、美味しいほうがいい。

調べてみるとマンゴーの品種というのは数多く存在するようです。

わからないことがあしましたらマンゴーの栽培へご連絡下さい。

アップルマンゴー・ペリカンマンゴー・ピーチマンゴー・金煌マンゴー・玉文6号・黒香マンゴー・バナナマンゴー・香文マンゴーちょっと調べただけでもこんなに出てきました。

普段お店で私たちが見かけるのはそのほんの一部。

知らないだけで、その中には日常口にするものよりずっとずっと美味しい果実が存在するのかもしれません。

そんな夢の果実。

一度育ててみてはいかがでしょう?問題が発生しましたら完熟マンゴー通販にお越し下さい。

コンテンツメニュー

    Link