消臭しておきましょう

少しでも高い価格の査定額で買い取って欲しい場合買取査定をする前に、最低限やるべきことは結構あるのです。

清掃をして自分の車の車内臭や埃などを取っておくことが大切な点のひとつ。

愛車の査定を担当するのは生身の人間なので「汚損の激しい車だな〜」という印象が付けば心情としていい評価をすることはないと思います。

臭気、埃などのクリーンアップもしていなかったいい加減に扱われてきた自動車というイメージを与えるはずです。

車種に関係なく査定車についても同様です。

ひとつに、臭いの最も多いマイナス査定の原因として、煙草の臭いを上げられます。

自動車内はスペースの限られたところです。

車内でたばこをふかせばたばこ臭が自動車の中にこびり付いてしまいます。

ここのところ節煙が声高に叫ばれているため、そのような世相もあり、以前よりも煙草臭は下取りの額が変わる要因となります。

愛車の売却の前にはできることならば消臭剤などで手放す自動車の車内の臭いを消臭しておきましょう。

また、犬や猫などの毛や臭いも査定額が変わる要因となります。

普段犬や猫などと生活を共にする自分には気がつかない事が多いので、誰か他の人に査定に出す前に確認を協力して頂くのが良いと思われます。

それから汚れについては該当する車を引き取ったあとで、車見積業者のプロが車両を清掃して販売するのだから重要ではないなどと思って手放したら思い切り手放す自動車の売却金額を減らされます。

使っていればある程度の汚損は出るものですが少し掃除をすることで取るのが可能なところに関しては洗車に出したり車内清掃をして取っておく必要があります。

愛車にワックスがけや売却する車のトランクの整頓も必要です。

本当のところ、ワックスがけや掃除にかかる金額と汚いせいで買取査定で引かれる見積金額を比較すると引かれる額のほうがはるかに大きいでしょう。

大切にしてきた手をかけて乗っていたものといえるかというポイントから確認をすれば、常日頃洗車や掃除をするということが評価でき、よろしいですが、査定をお願いするときの礼儀だと考えられるものですし車の査定の前に清掃をしておくことだけは車の買取金額を高くしようとする場合に、まず済ませておくべき作業です。

コンテンツメニュー

    Link